クラス スケジュール Class Schedule

ブログ                           Blog

プロフィール                     Profile

お問い合わせ                    Contact


テレビはともだち?: Relationship w TV

テレビはともだち? : Relationship with TV

ずっと試行錯誤していた、テレビとのつきあいかた。特に子どもに与える影響について。

すとんと腑に落ちる、納得のいく本に出会ったので残しておきます。

 

『テレビが子どもにどのような影響をもたらすかということをしっかり客観的に知った上で』

 良いか悪いか、見せるか見せないか、時と場合に合わせて。無理がないように。
判断していけたらいいなと思います。

 

 

出典

シュタイナー教育の音と音楽 ~静けさの多いの中で~

吉良創 きらはじめ 著   学研 eco-books

 

〜以下抜粋&まとめ〜

テレビを見ている 子どもを一度観察してみましょう。

テレビの前でぴたっと動きを止めたままたち、吸い込まれているかのような印象を与えるような見方で、凝視しています。

おとなは何かをしながら、テレビを見るということができますが、幼児は他のことは全くせずに、身動きせずにモニターに向き合い見入っていきます。そしてそこから発せられる映像と音の情報をひたすら受け取ろうとしています。その際、情報の取捨選択はせず、すべてを吸収しているのではないかと思われるほどの集中力で、光の刺激の映像と音を受け止めているのです。

 

1)身体への影響

本来動いている存在の子どもが、テレビの前でじっとしているのはなぜでしょうか?

一点を凝視するために緊張して動かない状態、眼の筋肉を動かさない状態になるから、

それにより、身体の他の筋肉すべても同じように動かない状態になるからです。

テレビの内容がどんなに教育的に良いものであっても、どんなに素晴らしい自然の情景の映像であっても、
『からだの動きが止まること』は生じます。

 

2)脳への影響

子どもは情報の取捨選択はせず、目の前の全ての映像と音の情報をひたすら受け取り、消化しようとします。

外にある世界のものを、「よいもの」として受け止める力をもっています。

(その力があるから、幼児は周りのにんげんの営みを真似していけるのです。)

その情報は脳で加工されていきますが、テレビからの与えられた情報を扱うことだけに脳が使われていくと、脳は受身的な連想的な思考のための道具として形成され、創造的独創的な思考はできにくくなってしまいます。

常に外からの情報や刺激がないと、動かない道具になってしまうのです。

 

 

 〜年齢別 テレビとのつきあい方〜  

3歳以下の子ども
:直接体験し、感じ、いっしょにやってみて、立つこと、歩くこと、話すこと。遊びの中で人間であること、人間の営みを『まねすること』『模倣すること』で学んでいく期間。

必要な情報はすべて生活圏の中にあるから、他のメディアは必要とされません。

 

9歳以上の子ども
:自分でテレビを見る時間を決めて守ること、自分を自分でテレビから切り離すことができること、つまり、メディアに客観的に向かい合うことが少しずつ可能になる期間。
できればおとながいっしょに見て、その内容について感想を言ったり感想を聞いたり、テレビでみたことが生活の中の実体験と結びつけられるようにしていくと、受身的な行為ではなく、積極的な行為を加えることができます。

思春期以上の子ども
:自分でメディアとの付き合い方を決めていく、自分で判断して行動していくことを学んでいく期間。
おとなは彼らがよい判断をできるように、意見や可能性を示すことをしていき、最終的な判断は彼らに任せます。

 

 

 

〜おうちにテレビがあるけれど、上手に距離を取りたい人への提案〜

1) テレビのスイッチをいれるのは、子どもが寝ている間にする。

2) 見たい番組は録画する。

3) 子どもが過ごす居間にテレビがある場合は、上から布をかける。(←これ、すぐできておすすめです)

 

 

 

子連れ旅日記 〜Australia〜

子連れ旅日記  ~Sydney / Byron Bay, Australia~


1. 初めての海外!娘の様子
飛行機は何気に3回目。
生後9ヶ月の頃、大分県湯布院に。1歳の頃、熊本県天草に。
今回は、初めての海外、片道9時間!のロングフライトはなかなかのチャレンジでしたが、
上限11kgまでのバシネット(壁備え付けのベビーベッド)も夜行便で4時間は満喫した、9.5kg 1歳半の娘のこころ。
いつもと違う音や環境に少し戸惑いながらも楽しんでいました
コミュニケーション能力が高く、言葉の壁がないので!臆せずに誰にでも笑顔で手を振り、
泊めてもらった友人のイタリア系アルゼンチン出身の家族が娘にあげる、濃ーいバジルソースのパスタやトーストも食べ放題、fish & chipsのフライドポテトまで、
貰えるものは喜んで全部おかわりして食べて(普段あげていない親はヒヤヒヤ)、
主食として日本から持って行った雑穀米とゆで卵以上に、魅力的な食材との出会いがいっぱい、親子共々、なんだか逞しくなった10日間でした。
2. 旅のハイライトはビーチと小鳥
私たちは初めての子連れ海水浴!
娘は波を少し怖がって、自分から海には向かって行かず、波打ち際を一緒に歩く程度、海より楽しんでいたのは砂でした。いつでも気軽に行ける City Beach に囲まれているオーストラリア、生後2ヶ月の子から紫外線対策はバッチリしつつ海で過ごしている家族がたくさんいました。
そして鳥たち。色形も鳴き声も、歩き方も!!!日本にはいない種類のトロピカルな鳥たちがたくさん、たくさん、どこに行ってもいます。本当に見ていて飽きない。
井の頭自然動物公園に行っても、動物より鳥派の娘は大興奮。
帰国後、遅咲きの梅の花をついばむヒバリやウグイスを見ると、本当に謙虚で趣のある、地味な中に奥ゆかしさがある!鳥たちでさえなんだか私たちの文化に似ているなあとしみじみ、感じる毎日です。

 

3.『持続可能な』コーヒー文化
国内産のコーヒー豆もあり、毎日3−4杯飲む習慣があって、みんな環境を配慮してタンブラーを持ち歩いていたのが印象的でした。
国内ではSかLサイズ、2種類の量を統一、どのコーヒー屋さんでも同じ量が提供されるシステムになっていました。
カプチーノみたいにふわふわにしない、丁寧に温めたミルクをエスプレッソの上に注ぐ、FLAT WHITEが一番ベーシックで、どのお店でもメニューの一番上に書いてあって、カフェに座ると男女問わず、みんなフラット・ホワイト。日本で主流のホットのブラックはあるけど、アイスコーヒーはないお店が多かったです。
一定のクオリティー以上のコーヒーは1杯$4、320円くらい。
問題 ★ 
オーストラリアで、カプチーノ、カフェ・ラテ、
フラット・ホワイトの違いは何でしょう??
→ 答え 
ズバリ、質感。
カプチーノが一番重く、次にカフェ・ラテ、一番軽いのがフラット・ホワイト。
イタリアでは、コーヒーの呼び方は、器の大きさと牛乳の量で呼び分けるのに対し、
オーストラリアでは、質感で分けているそうですー
 

1. Traveling Abroad with a baby girl 1year and half
Although she had been through domestic flight twice, it was very memorial experience to get first stamp on her first passport!

Enjoyed bassinet limited to 11kg, (she Kokoro is 9.5kg) for 4 hours out of 9 hours flight in total,

as we took the night flight to make the journey a bit easier.

She did NOT miss Japan LOL, no jet lag, had lot of fun meeting my dear family in Sydney.

She waved to everyone in the street with smile and did non-verbal communication very well.

Her daily meal were cooked Japanese rice with multigrain & boiled egg, also tried basil pasta, toast, & chips...!

 

2. Highlights ; B&B, Beach & Birds

With easy access to their beautiful city beaches, babies in Australia seemed spending time on the beach much more frequently than us.

Our daughter, Kokoro finally did beach debut at Manly beach on March 3rd, YAY!  She preferred SAND to waves...!

SO MANY tropical birds are around in Australia, which we can never find in Japan.

Their color, the way to walk & sing are totally new for us and we (except my hubby) never got tired looking at them.

 

3. "Sustainable" coffee culture

I was amazed how Aussie LOVES coffee, and also how they think green by using reusable shopping bag & cup.

In Australia & New Zealand, cup size have become standardized,

so we can get same amount of coffee wherever, with your personal reusable cup.

We liked their "flat white", a single / double shot of espresso with carefully textured teamed milk.

 

春ですね ~Spring is here~

春ですね ~Spring is here~

春本番!天気予報に「桜前線」があるのを初めてみた外国籍のお友達は、日本人の桜好きにびっくりしたとか。

植物も動物も活動的になる季節。自然界の変化を見ているだけで、本能的に外に出かけたくなりませんか。人間界でも大きな変化の季節。今までとは違う環境で新生活を始めたり、別れもあるけど新たな出会いもたくさん!楽しみましょうー

 

3月後半から、お外でのヨガクラスもスタート!
1歳半の娘と二人三脚でのヨガクラス。

どこかでご一緒できたら嬉しいです :)

 

3/29(金)  特別企画 〜ファン助産院ママ友限定〜

💗ファンママのための💗青空ヨガクラス 

11:00-12:00 お花見会場にて

(希望者はファン助産院横公園に10:45集合)
持ち物 ヨガマットか大きめのバスタオル

参加費 ¥1,000

 

 

4/7(日)  ♪子連れOK ♪ななまるヨガクラス  team 70

13:30集合 14:00 ~ 15:15 @吉祥寺 和室会場  

参加費 ¥2,200

持ち物:ヨガマット 運動着 

ヨガマットレンタル先着順 ¥300

https://www.facebook.com/events/340908776534401/

 

 

4/19(金) & 4/25(木)  ♪子連れOK ♪ヨガクラス
10:30 ~ 12:00  各自お弁当持参、和室の会場でランチもできます
19(金):三鷹駅前  25(木):吉祥寺会場

参加費 ¥2,000

持ち物:ヨガマット 運動着 

ヨガマットレンタル先着順 ¥300

 


ゆるりと始めました Back to teaching in Neighborhood

ゆるりと始めました  ~Back to Teaching in Neighborhood~

『地域密着型』ヨガクラス!
三鷹市、武蔵野市でゆるりと始めました。
月一開催の team 70 としてのヨガイベント活動も再開!

どこかでご一緒できたら嬉しいです :)

 

10/26(金) & 11/9(金)  ♪子連れOK ♪ヨガクラス
10:30 ~ 12:00 @三鷹駅前地区公会堂     ¥2,000

持ち物:ヨガマット 運動着 (レンタル ¥300)


10/28(日)パークヨガ  team 70
10:15集合 10:30 ~ 11:45 @新宿御苑  ¥2,000
https://www.facebook.com/events/2144834912400039/permalink/2150835271800003/?notif_t=feedback_reaction_generic&notif_id=1538792011631088

 

 

 

(先着10名さま 2日間限定)!ヨガクラス無料体験!
♪初心者歓迎♪ "こころとヨーガ”   〜ヨガマットかバスタオルのみお持ちください〜

10/30(火)  10:30 ~ 12:00 @中原地区公会堂     クラス内容:オールレベル

11/6(火) 10:30 ~ 12:00 @新川中原コミュニティーセンター クラス内容:初心者レベル

ご予約はホームページ→お問い合わせから。お子さん連れの方はお子さんの月齢をお知らせください。

赤ちゃんが教えてくれること 〜新米ママヨギーニ育児日記〜 What I learn from parenting : Mama yogini baby diary

赤ちゃんが教えてくれること 〜新米ママヨギーニ育児日記〜 What I learn from parenting : Mama Yogini baby diary

精神の学問のヨガと、

体の学問のアーユルヴェーダ。

今までの学びの中で、パズルみたいに自分の中に散りばめられていた古来からの叡智が、育児というカルマヨガを通して腑に落ちていくのを日々味わっています。

 

1)良質な睡眠は、肉体的にも精神的にも安心して満ち足りていると訪れる。

赤ちゃんの眠りの質は、シンプルで正直。

ぐっすり眠れると寝起きもご機嫌なのは、大人も同じ。オイルマッサージをしてあげると安心して眠っていきます。

 

2)身体は自分が選び口にしたもので作られている。
You are what you eat. 

母乳&ミルクだけでできていた赤ちゃんの身体に、たった一口、”食べ物”を入れただけで、今まで入ってきたことがないものに身体中が反応しているのを、見ているようでした。排泄の形状が一番分かりやすい変化。私は眠るよりも!食べることが大好きなので、自分の欲求のまま、目の前にあるから、その時もらったから、などなど、空腹でなくても特に意識せずに口にする食べ物が、体調に大きく影響するんだなと実感。

 

3)人間には、本来自分で自分の身体を維持していく力が備わっている。

i treat, He cures.

バランスが崩れたら、そのことに気づき、
元のバランスを取り戻すのに必要なことをするだけ。

自分の体調を整えるのは、他の誰でもない、自分自身。必要以上に足したり引いたり、心配しないで、人間が産まれながらにもっている力を信じれば大丈夫。

 

4)今、目の前にいる赤ちゃんに意識を向けること。よく観察すること。

そのうえで決めた選択に『間違いはない』。

ある先輩ママからのこのアドバイスは、初めて育児をする私にとって、大きな指針になっています。
たくさんの選択肢、疑問や不安、氾濫する情報。
でも、何よりも一番大切なのは、目の前にいる子どもと向き合って選択していくこと。

もし間違っていること、効果がないことに気づいたら、一歩戻って、また別のやり方を試すだけ。

 

最初はなんで泣いているのか、どうしていいのかが分からないまま、泣き続ける娘と過ごして疲弊していたけれど、よーーーーく観察して一緒に過ごしていると、自然に娘の身体のリズム(特に排泄のタイミング)や要求が分かるようになって、的確に対応できるようになり、娘が泣く時間が減っていくのです。

「おむつなし育児」を実践していて、娘は首が座った生後4ヶ月から、おまるで排泄しています。

おまるでうんちをすっきり出せた時の、母子の爽快感と達成感といったら🎵 

 

5)ただただ、『今、この瞬間を生きる』お手本。

私たち大人はヨガの練習で、今この瞬間に止まるために、呼吸に意識を向けたりするけれど、そんなテクニックも必要ないのが赤ちゃん。

過去のことや未来のことに思いを巡らせることもなく、その瞬間瞬間に、自分の内から湧いてくる欲求に正直に、何も我慢したりコントロールすることなく、”泣き声”という言葉で一生懸命伝えてくれる、純真無垢のキラキラの存在。 

My passion for Yoga & Ayurveda ; Scholarship of Spirit and Body make my first experience of parenting more colorful and meaningful. Actually parenting helps me to understand Yoga & Ayurveda.

 

1) Good quality of sleep follows contentment ; both physically and mentally.

- Baby wakes up in good mood after the qualitative sleep, same as adults. She loves baby oil massage after the bath.

 

2) You are what you eat.

Our body is made by the food which we ourselves select to feed on our own.

- Once she started baby food ; which was FRESH law yolk,  I could tell her entire body REACTed to it,  including digestion & excretion. 
I personally love EATING more than sleeping indeed, and tend to eat to fulfill my desire although I'm not hungry. She teaches me how these careless eating affects my body.

 

3) We have potential capacities in nature to cure/maintain our own body.

- Doctor or parents TREAT,

but who CUREs is the baby.

- If our body lost its balance,  just notice it then  act correct,  most importantly trusting yourself that you can cure it. No need to worry too much. 

 

4) Be aware, stay with the baby. 

There is no mistake with the decision which is made by parents based on LOVE.

- this advice is very supportive in my first parenting.

So many options, wondering, and information.

However the most important thing is, the one in front of you.

 

 

5) The ultimate role model of ; living THE MOMENT.
- It is a natural way for the baby, live the moment without any regrets for the past, nor needless anxiety for the future.

Babies communicate through "crying" although they do not know language, without any fear nor control, just by following their own natural desire.
I do appreciate their pure energy.

 

 

 

 

 


〜育児日記〜

日々の育児が始まって8ヶ月が過ぎました。

無力で、ふにゃふにゃで、宇宙から来たみたいな新生児の頃。
モロー反射 <赤ちゃんが反射的に手を開いて、腕を伸ばしてから手を握り腕を曲げる原始反射。生後4ヶ月頃に自然に消えます> に癒されながら、いつまで続くか分からない、不規則な夜泣きと授乳に明け暮れて、
ほぼ、記憶がない空白の数ヶ月。

 

首を持ち上げるようになったと思ったら、

ごろんと寝返りがうてるようになり、

寝返りで移動するようになり、

想定外の動きでソファやベッドからも何回か落ちて、

目の前にあるおもちゃにつられてずりずり匍匐前進を覚えて、

お尻を持ち上げて四つん這いで体を前後にゆらゆらしているのを見ていたら、

はいはいして、

台所に立つ私を泣き叫んで呼びながら、つかまり立ちしていました。
一度何かができるようになったら、それができなかった昨日の自分には戻らない。
どんどんどんどん、成長するだけの姿は、見ていて清々しいです。

 

歯が生えたのを最初に発見したのはパパ。

娘が6ヶ月になったばかりの3/3の初節句の日、いつものように手をかじられてたら、痛いって。

下の歯が2本、ちょこんと覗いたのを確認した翌日から、もう食べ物ちょうだいーと言われているようで、

いつから始めようか二の足を踏んでいた離乳食開始を決意。

 

娘の離乳食は、『たんぱく質』から。
一般的には、穀類→野菜→タンパク質の順序ですすめるのですが、
頼りになる助産院のママ 友達に教えてもらった野口整体の育児法を参考に、
たんぱく質→野菜→(極力遅い時期に)穀類 の順で離乳食をすすめています。

 

娘が地球上で最初に食べたものは、『採れて3日以内の新鮮な平飼いの生卵の卵黄』。

手も口もくわんくわんに黄色にしながら、美味しそうにスプーンから手づかみで食べる衝撃は、一生忘れられません。そして、母乳・粉ミルクじゃないものが体内に入ったその日から変わる 排泄も....!

8ヶ月になった今、2回食で日々食べているものは、

 

たんぱく質(卵、白身魚:カレイ、鯛、メカジキ、しらす、鶏レバー、大豆製品:豆腐、味噌、きな粉)
野菜はジャガイモだけ。